今政府が進めているのは「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」の普及です。これから2030年にかけて政府によるエネルギー政策 が段階的に実施されます。これからの時代に求められるのは「自宅でエネルギーを創って、使う」住居スタイルであり、今後住宅の省エネルギー化が進むことが期待されています。当社でも、「人と環境に優しく、快適に暮らせるエコな家づくり」を目指し、この普及活動に取組んでいます。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは?

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。ZEHとは、住宅が年間で使用する一次エネルギーの消費量を「住宅の躯体・設備の省エネ性向上」と「太陽光発 電などによる創エネ」を組み合わせてその収支がプラスマイナス「ゼロ」とする住宅のことです。

「高気密・高断熱」+「省エネ」

まずは住まいそのものの断熱性を高めることがZEHへの第一歩。「夏涼しく・冬暖かい」快適 な住居は、エネルギーロスが最小限に。また省エネ性の高い設備や機器の導入により、エネルギー消費を抑えます。

これからは「創エネ」

太陽光発電などを使用し、自宅でエネルギーを創り出すことを「創エネ」と言います。ZEHとは、消費エネルギー<創エネルギーのゼロエネルギー住宅のことであり、そんなZEHでの暮らしかたに注目が集まっています。

今後の目標

当社では、ZEHの普及により、自然エネルギーの活用による、過度なエネルギー使用を控えた快適な暮らしを営める住宅が増えることを目標とし、具体策とともに、住宅受託率を以下の様に定めています。

ZEHの周知・普及に向けた
具体策

  • ホームページやSNSに掲載する。
  • DMを利用し、チラシの配布を行う。

ZEHのコストダウンに向けた
具体策

  • 建材・設備メーカーと協力を行い、コストダウンや建材のロスの軽減させる。

ZEH仕様住宅受託率目標

事業署名 目 標 実 績
2016年 0%
2017年 60% 0%
2018年 70% 50%
2019年 80% 100%
2020年 90%
2021年

サンハウスが手がけるZEHの家

断熱性能の高いZEHの家。一年中快適な温度で過ごせるため、冷暖房にかかるエネルギー消費を抑えることができます。

太陽光発電や蓄電システムを備えているので、万が一の災害時に緊急時の代替エネルギーとして活用することが出来ます。

住宅全体を暖かく保ってくれるZEHの家は、お風呂上がりの急激な温度変化により起こるヒートショックを防いでくれます。

注文住宅